格安SIMの料金面でのメリットとデメリット

格安SIMと従来からある大手通信会社とは、明らかに料金システムや端末の扱いが違ってきますので、メリットとデメリットを知っておくと役に立ちます。

■格安SIMのメリット
格安SIMのメリットは、やはり月々の支払額が安くなることです。大手キャリアでは月に8000円程度となることが多いですが、格安SIMだと2000円程度からで利用することができます。
また、一般的には解約したときの違約金も大手キャリアの方が高額になるケースが多いです。新規で契約する場合は特に、月々の支払いも安く、違約金の条件も厳しくない格安SIMの方がメリットは大きくなります。

■格安SIMのデメリット
反対にデメリットについては、基本料金が安い分だけ通話料が高いという点です。通話料はサービスによって異なりますが、現状は30秒につき20円ずつかかる場合がほとんどです。よく長電話をしたり、家の固定電話を設置していないなど通話をたくさんする人は、月々の料金が高くなることもあります。
また、インターネットの通信速度が低下してしまうことや、従来から持っていたdocomoやezwebなどの大手キャリアのメールアドレスが使えなくなったりするのも格安SIMデメリットです。