TONEなら、お子様スマホのアプリも安心です♪

小さなお子様にスマホを持たせる際、心配な理由の一つに必ず挙がるであろうものがアプリでは無いでしょうか?
スマホはパソコンと同等とも言える高機能で便利である反面、お子様にとって有害なアプリもすぐに手に入ってしまうという恐れもあります。

公式アプリストアにも点在するお子様に見せたく無いアプリ

スマホアプリは、それぞれのOSに合わせたアプリストアで手に入れることができます。

Androidの場合はGoogleplay。

iPhoneの場合はApp Store。

・・・ですね!

これらのアプリストアでは18禁コンテンツを含むアプリは登録が禁止されています。

しかし、実際にアプリストアにアクセスしてみると、下記のようなアプリは当たり前のように目にします。

出会い系のようなアプリ

出会い系と直接は謳っていないし、コミュニケーションを取る為のチャットアプリであるとアプリの説明文には記載されていますが、実際にインストールして使ってみると、いかがわしい内容のメッセージばかりがやりとりされていて、到底健全とは思えません。

 

エッチな漫画などの二次元系コンテンツ

諸にR18の内容が含まれる漫画はアプリストアに登録できませんが、それを掻い潜るように存在しているのが、ギリギリでR18と認定されないようなちょっとエッチな漫画コンテンツです。女児向けに販売されているティーンズラブとかの作品も、十分に不健全な内容が含まれており、お子様には見せたく無いと思うのでは無いかと思います。

TONEなら、このようなアプリからお子様をしっかり守ります。

TONEのアプリは、こういったアプリからお子様を見守る機能が付いています。

具体的にはお子様がインストールしたいアプリを選択して、それを親御さんにリクエストする。

そのリクエストに対して、親御さんがOKをした場合だけ、お子様のスマホに対象のアプリがインストールされるという仕組みです。

公式アプリストアに、不健全なアプリがのさばっている状況下において、このような仕組みは絶対にないといけないものと、私は考えております!

 

 

格安SIMに切り替えたい

国内でiPhoneが発売されてから、ずっと某キャリアと契約し、それが当たり前だと思って今まで使用してきました。
確かにガラケー時代と比べると、値段は割高な感がします。
しかも大手キャリアがこぞってiPhoneの取り扱いを開始しても、何かの談合があるかのように金額は横並びです。
特に家族で複数台のiPhoneを使用していると、地味に家計にも響きます…
そんな中SIMフリーiPhoneが国内で導入され、状況が変わってきました。
周りの人達も格安SIMを契約して使用している人が増えてきました。
話を聞くとコストパフォーマンスはとてもいいらしいです。
でも、私の場合のiPhoneの使用は、主に業務での使用が多く、データ通信もそうですが、何より通話の品質も重要なんですよね。
多分大丈夫だとは思うんですが、なんとなく踏み切れない理由がそこにあります。
また、現在サービスを提供している格安SIMの会社が、突然サービス終了なんて事態になったら目も当てられません。
僕が二の足を踏んでいるのはその2点です。
逆にその2点が明確にクリアされるのであれば、既存のキャリアを惰性で使う理由はもはやないのかもしれません。
あっ、家族全員のiPhoneを格安SIMにしたら、初期投資が必要になりますね。
その辺も含めて検討している最中です。
うちの近くのツタヤでも契約できるトーンモバイルが安くて簡単でいいとみんな言っているのでそれが第一候補ですね。

格安SIMのメリット

まず最初に仕事で取引先の人とかに電話をかける人が多い人の場合はSIMはやめた方が良いと思います。
ただそれ以外の人にとっては確実にSIMは良いです。
何が良いのか簡単に言うと携帯電話代を節約でき格安だからです。
一般的な携帯電話代は月7000円から8000円ぐらいだと思います。
しかしSIMだと月に2000円ぐらいにする事も可能です。
ツタヤで出してるトーンモバイルなんてのは月1000円でデータも使い放題という価格破壊っぷりです。
(最近では0simなんていうデータ通信特化のものも出てますが…)
やっぱり通話は必要ですよね。

スマホの場合だと新機種が出る度に変更しようかと考えがちです。
SIMの場合1台購入してしまえばそれを大事に使うようになるので、1台を長く使う人が多いです。
長く使えば使う程お得になるのがSIMです。
普通のスマホであれば年間で7万円以上は携帯代に使う事になります。
SIMの場合だと1年間で3万以下に抑える事も可能です。
ほとんどの人は年間を通してどれだけお得になるのか考えないと思うのでSIMに興味を持たないのかと思います。
しかし少し計算をしてみればお得になるのがどちらなのか圧倒的です。
今の時代携帯は必要不可欠なものになってきました。
しかし携帯代に高いお金を払って生活が苦しくなるぐらいであれば、少しでもお得な方を選んで生活を楽にした方が確実に良いです。
その節約を可能にしてくれるのがSIMの良さだと思います。

格安SIMを検討中です

現在は大手キャリアのスマートフォンを契約中です。通信速度も悪くないし、電波が悪くてつながらないという不便さはないのですが、どうしてもパケット代金が高く感じてしまいます。毎月のことなので、年単位でみると明らかに格安SIMの方がリーズナブルでお得に感じます。初めて格安SIMのことを知ったのはインターネットです。キャリアに比べてとても安くて興味を持ちました。電話番号はどうなるのか心配でしたが、電話番号はそのままに出来るプランもあるようです。パケット代が大幅に安くなるのでいいなと思うのですが、通信速度などはどうなのか調べています。格安SIMを使っている友人は何の問題もないと言っていました。
ただ、残念なのはキャリアメールが使えないことです。キャリアメールのほうが普及率が高いですし、いろいろな面で安心しているので、キャリアメールが使えないと不便ではないのか疑問です。
通話品質は問題ないようなので、格安SIMに変更したいのですが、メールの問題だけが気がかりでまだ踏み出せずにいます。
これからキャリアのパケットプランも変わってくるのかもしれませんが、今のところは格安SIMが人気だというのもよく理解できます。

携帯代を安くしたいならsimカード!

昨今、大手携帯会社のや料金やキャッシュバックが問題視されてはいるもののなかなか月々の携帯料金は安くなりませんよね。携帯料金に少しでも不満がある方に私はsimカードを使って携帯電話を運用することをおすすめします。
その理由としてはなんといっても値段の安さです。現在simカードを提供する会社はたくさんありますが、ほとんどの会社は大手携帯会社の料金に比べ半額程度かそれ以下で契約することができます。
値段がそれだけ安いと通信が遅い、制限がすぐかかってしまうのでは、と思う方もいらっしゃると思いますが答えはNOです。simカードを提供する会社によっては大手3社のネットワーク技術をレンタルする形で利用者に提供しているため普段使っている回線と全く同じ使用感で利用できます。さらには、スマホで動画などを見ているとあっという間にかかってしまう通信制限も、値段は安いのにも関わらず制限までの通信量を自分で契約時に調整(プランにより料金は異なる)できるので、動画やゲームをたくさんしたいけど、料金は安くしたいという方はもちろん、メールのやり取りしかしないからデータ量は少なくていいやという方は価格の安さに驚くのではないでしょうか。

最近ではデータ通信も使い放題で定額、というのが格安simでもめずらしくなくなってきました。
その一つがツタヤで出してるトーンモバイルです。
これなら月1000円で通話基本料、データ使い放題がついているという中々他の業者ではできないことをやっておりオススメですね。
まだまだ普及率は低いsimカードですがお得に携帯を使いたい人は是非チェックしてみては?

格安SIMの料金面でのメリットとデメリット

格安SIMと従来からある大手通信会社とは、明らかに料金システムや端末の扱いが違ってきますので、メリットとデメリットを知っておくと役に立ちます。

■格安SIMのメリット
格安SIMのメリットは、やはり月々の支払額が安くなることです。大手キャリアでは月に8000円程度となることが多いですが、格安SIMだと2000円程度からで利用することができます。
また、一般的には解約したときの違約金も大手キャリアの方が高額になるケースが多いです。新規で契約する場合は特に、月々の支払いも安く、違約金の条件も厳しくない格安SIMの方がメリットは大きくなります。

■格安SIMのデメリット
反対にデメリットについては、基本料金が安い分だけ通話料が高いという点です。通話料はサービスによって異なりますが、現状は30秒につき20円ずつかかる場合がほとんどです。よく長電話をしたり、家の固定電話を設置していないなど通話をたくさんする人は、月々の料金が高くなることもあります。
また、インターネットの通信速度が低下してしまうことや、従来から持っていたdocomoやezwebなどの大手キャリアのメールアドレスが使えなくなったりするのも格安SIMデメリットです。

家族で複数台なら格安SIM

私と妻、長女と長男は全員iPhone使いです。
某キャリアで家族割(でしたっけ?) を運用していますが、正直割安なのが実感出来ません。
妻も子供達も積極的に、通話などはLINEなどVoIPを利用できるアプリで行っている様ですが、それでも家族4人の支払いというのはそれなりの金額が請求されてしまうのが実情です。
私も業務で使う手前、なかなか通話料がかさんでしまいます。
そんな折、日本国内でもSIMフリーiPhoneが発売され、いろんな事業者が格安SIMを提供する様になりました。
家庭持ちにはとても魅力的な格安SIM。
でも、今家族で所有しているiPhoneは、SIMロックiPhoneですから、まずは本体を買い換えなければなりません。
さすがに一気に4台を購入というのは無理があります。
ラーニングコストを考えれば、それでも安いんでしょう。
でも初期導入でそれなりの金額がかかるのも若干の抵抗があると言うのが本音です。
大手キャリアも、格安SIMの登場で契約者の流出が少なからずあるんでしょうから、格安SIMに合わせろとは言いませんが、多少なりとも考慮して頂けると嬉しいんですけどね。
家族持ちには嬉しい格安SIM。
されど全員分を一気に変えるのは初期導入費がかかる。
なかなか悩ましい問題です。
そこで検討に上がったのがツタヤがやってるトーンモバイル。
まず目についたのがつき1000円という超低価格、しかも変な条件とかなくてデータ通信使い放題。
これは・・・や・す・い!
大手のツタヤが売ってるってところも安心感があって良い感じです。

格安SIMは安いのに電波はそのまま!

格安SIMと聞くと安いんだからやっぱり電波が届きにくかったり安定しなかったりするんじゃないの?と思ってる方いませんか?
実は全然そんなことはないんです。格安SIMといっても回線、電波はいままでの携帯会社と同じ基地局から電波を発信しています。
ですので格安SIMに変えたから電波が届かなくなったという心配はないんです。
それでもたまに格安SIMに変えたら電波が悪くなったと言っている人がいます。
それはその人の端末に問題がある場合があります。日本と海外では使われている電波の種類が少し違っていて、海外向けに開発された端末ですと電波の届きが悪いと感じることがあるのです。
もちろん日本で販売されているスマートフォンではしっかり日本の電波用に調整されているのでそんなことはありません。
海外で発売されている端末ではこういったこともあるので格安SIMを検討されている方は端末選ぶ際は注意してください。
格安SIMはとてもお得なサービスです。携帯会社を変えるというのは中々躊躇してしまうかもしれませんが、価格はお安く、しかも電波はそのままで使うことができます。
携帯料金を節約したいと考えているかたはぜひ格安SIMを検討してみてください。

魅力的な格安SIMの運用

僕はiPhoneとiPadのどちらも某大手キャリアと契約中です。
なおかつ妻も二人の子供達も同じキャリアでiPhone使い。
月々の支払いもバカになりません。
iPadを解約して、iPhoneのテザリングを利用すれば?との意見もあるでしょう。
でも僕は、iPadでインターネットをするのにわざわざiPhoneを(一度だけとはいえ) 操作するのが面倒で仕方ないのです。
ですから昔から無線ルーターの類いは持ち歩いていませんでしたし、今後もそうしたいとも思いません。
ですが、大手キャリアのiPad専用データ通信プランも割安感は感じられません。
使用頻度としてはiPadもかなり使うので、そちらだけでも格安SIMを契約したらどうなんだろう?と思ってます。
iPhoneは大手キャリアで購入するものはSIMロックがかかっている状態ですが、ことiPadに関しては大手キャリアで購入したものでもSIMフリー端末だと記憶しております。
ですから、現有機器をそのまま流用OKのはずで、SIMフリー端末を購入することもありません。
大手キャリアのSIMと比べて格安SIMがどの程度戦えるのかも興味深々です。
それによっては家族みんなのiPhoneを格安SIMに買い替えてもいいかなと思っているところです。
検討先は友達に教えてもらったトーンモバイル。
あんまりメジャーではないですよね、ツタヤと言ったらDVDレンタルでしか使わないし。
でもこれが通話基本料とパケホーダイ的なのが合わせて月1000円!
おいおい、今まで月1万払ってたのはなんなのよ・・・端末は専用のものらしいけど値段安すぎでしょ、これ。

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えて便利になりました

20年近く使っていたキャリア携帯から格安SIMに乗り換えました。
しかも、ずっとガラケーだったので外出先で電車の乗り換え案内や地図を見たくてもガラケーでは検索できないサイトばかりになってしまい不便でした。
そこで、格安SIMに乗り換えることを検討して、色々と調べてみました。
私は常にパソコンばかり利用しているので、携帯では通話やメールだけでしたし、メールは外出時以外はパソコンでのWEBメールを利用しているので携帯の使用頻度が低いのです。
そのため、キャリア携帯では低価格のプランを契約していました。
その値段と変わらない料金で、利用環境が良くなるような格安SIMを探しました。
通話は毎月1000円分ほど利用していましたので、通話代が高くないものがよいと思っていたところ、5分以内であればかけ放題というオプションがある格安SIMを見つけたのです。
そして、通信容量も満足のいくもので、今までキャリア携帯にかかっていた費用よりも数百円ほど安くなるものがありました。
タイミングよく使いたいメーカーの携帯本体の価格がキャンペーン価格で値下がりしていたので、即決して乗り換えしました。
現在、格安SIMに乗り換えたばかりですが、特に問題も無く非常に快適に使えています。