トーンモバイルがオススメ

格安SIMは色々な会社(ヨドバシやビックカメラなどの家電量販店も含む)から発売されており、各社色々なサービスや価格面で競争が激しくなってきております。
私はツタヤのトーンモバイルをオススメします。
こちらの会社は格安SIMというものが登場した当初からこの事業を展開しておらず、割と新しい事業者なのですが、それだけに先発他社にはない画期的なプランを出してきています。

月々1000円で通話基本料付き、データ使用無制限というなんともシンプルでしかも安い!
データ専用のsimならワンコインで、というのももはや当たり前になってきましたが、やっぱり普通は通話もしたいですよね。
スマホは1台で管理したいものです。

以前はdocomoと契約していましたが、通話品質に差は一切感じません。
それもそのはず、これも今では当たり前といっていいかもしれませんが、回線はドコモのものと全く同じです。
(某あうや某犬のキャリア回線より安心できますね。。)

サポートの面でも、ツタヤは大手で安心なので、今は変更する予定はありません。

格安SIMにして自由に機種変できるようにしたい!

いままでスマートフォンを持っていて機種変をしたい場合でも2年縛りという制度があるため機種変できずにいました。この2年縛りという言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、要するに機種を契約してから2年以内に機種変をしてしまうと、違約金が発生してしまうというものです。しかし好きなときに機種変をすることができないというのはなんだか違和感を感じてしまいます。日々どんどん新しいスマートフォンが出ており、ときには自分の欲しいと思う機種が発売されることもあります。そんなときでもすぐに機種変をすることができず、もし機種変をしようとしたら高い違約金を払わなければいけませんでした。いままでは仕方ないと思って諦めていましたが、最近になって格安SIMにしてしまえば違約金なしで自由に機種変をすることができるということを知り、それから一気に格安SIMに興味を持つようになりました。いままでは自分の欲しいスマートフォンの機種が出ても2年間は我慢しなければいけませんでしたが、今後はそのようなことはなくなります。ほかにも格安SIMにすることでさまざまな魅力が生まれます。そのためできるだけ早めに格安SIMにして、自由に機種変をできるようになりたいと思います。

格安SIMで月々の支払いを安くしたい!

スマートフォンを使い始めてからしばらくたちますが、なんといっても月々の支払いが高いです。フタをパカパカするタイプの通称ガラケーのときは通話をかなりしない限りは月々の支払いが数千円で済んでいました。そのため携帯代といってもほとんど負担になっておらず、むしろ携帯は便利なものとして重宝していました。しかしスマートフォンに変えてからは月に1万円を余裕で超してしまう有り様になっています。スマートフォンに変えてから数ヶ月は何かの間違えではないかと疑いましたが、みんなそのくらいだと聞いて半ば諦めの気持ちが強くなりました。そしてそれからしばらくしてからスマートフォンの格安SIMというものが話題になってきました。なんだか難しそうな話だとしばらく避けていましたが、実際はそれほど難しい話ではなく、むしろ月々の支払いをかなり抑えることができる便利なものであることを知りました。スマートフォンの毎月の支払いに頭を悩ませていた自分としてはまさにうってつけでした。格安SIMに切り替えることで、いま月々に支払っている金額の約半分ぐらいになると聞いたため、まずは格安SIMの知識についてある程度知った上で、早めに格安SIMに切り替えたいと思っています。

格安だが、仕事はきっちりこなすSIM

最近、巷では格安SIMという言葉をよく耳にします。普段、大手キャリアのスマホ等しか扱ってない方にはあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、もしこの記事を読まれましたら一度ご検討頂ければと思います。
まず格安とは何が格安なのか。ズバリ料金です。通常、大手キャリアにて5G制限のスマホの契約(新規 端末代なし)をしたとします。単純に容量だけで計算した場合でも月々5千円以上はかかってしまいます。
その点、格安SIMは会社によってはバラつきはありますが、その料金より半値以下で利用することが可能です。
では、ネット環境が酷いのではないかと思う方もいると思いますが、ご心配は無用です。
ネット回線は大手キャリアの回線を使用している事が多い為、多少の速度の差はあれ、ストレスを感じる程のものではありません。
契約に際し、MNPもあるため、現在使用いている番号を継続して使用する事も可能です。
解約に関しても、2年縛りをしている業者は少なく、半年(実質的な縛り)から1年程度で所謂違約金が発生しなくなります。新規契約時に於いても、契約に縛りなし、解約金無料という業者もあり、スマホの料金を見直したいとお考えの方は格安SIMはオススメです。
契約方法は、インターネットからの申し込みも多く、少し手間は取られるかもしれませんが、それを差し引いても有り余るパフォーマンスの高さです。

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えて便利になりました

20年近く使っていたキャリア携帯から格安SIMに乗り換えました。
しかも、ずっとガラケーだったので外出先で電車の乗り換え案内や地図を見たくてもガラケーでは検索できないサイトばかりになってしまい不便でした。
そこで、格安SIMに乗り換えることを検討して、色々と調べてみました。
私は常にパソコンばかり利用しているので、携帯では通話やメールだけでしたし、メールは外出時以外はパソコンでのWEBメールを利用しているので携帯の使用頻度が低いのです。
そのため、キャリア携帯では低価格のプランを契約していました。
その値段と変わらない料金で、利用環境が良くなるような格安SIMを探しました。
通話は毎月1000円分ほど利用していましたので、通話代が高くないものがよいと思っていたところ、5分以内であればかけ放題というオプションがある格安SIMを見つけたのです。
そして、通信容量も満足のいくもので、今までキャリア携帯にかかっていた費用よりも数百円ほど安くなるものがありました。
タイミングよく使いたいメーカーの携帯本体の価格がキャンペーン価格で値下がりしていたので、即決して乗り換えしました。
現在、格安SIMに乗り換えたばかりですが、特に問題も無く非常に快適に使えています。

格安SIMは安いのに電波はそのまま!

格安SIMと聞くと安いんだからやっぱり電波が届きにくかったり安定しなかったりするんじゃないの?と思ってる方いませんか?
実は全然そんなことはないんです。格安SIMといっても回線、電波はいままでの携帯会社と同じ基地局から電波を発信しています。
ですので格安SIMに変えたから電波が届かなくなったという心配はないんです。
それでもたまに格安SIMに変えたら電波が悪くなったと言っている人がいます。
それはその人の端末に問題がある場合があります。日本と海外では使われている電波の種類が少し違っていて、海外向けに開発された端末ですと電波の届きが悪いと感じることがあるのです。
もちろん日本で販売されているスマートフォンではしっかり日本の電波用に調整されているのでそんなことはありません。
海外で発売されている端末ではこういったこともあるので格安SIMを検討されている方は端末選ぶ際は注意してください。
格安SIMはとてもお得なサービスです。携帯会社を変えるというのは中々躊躇してしまうかもしれませんが、価格はお安く、しかも電波はそのままで使うことができます。
携帯料金を節約したいと考えているかたはぜひ格安SIMを検討してみてください。

格安SIMの料金面でのメリットとデメリット

格安SIMと従来からある大手通信会社とは、明らかに料金システムや端末の扱いが違ってきますので、メリットとデメリットを知っておくと役に立ちます。

■格安SIMのメリット
格安SIMのメリットは、やはり月々の支払額が安くなることです。大手キャリアでは月に8000円程度となることが多いですが、格安SIMだと2000円程度からで利用することができます。
また、一般的には解約したときの違約金も大手キャリアの方が高額になるケースが多いです。新規で契約する場合は特に、月々の支払いも安く、違約金の条件も厳しくない格安SIMの方がメリットは大きくなります。

■格安SIMのデメリット
反対にデメリットについては、基本料金が安い分だけ通話料が高いという点です。通話料はサービスによって異なりますが、現状は30秒につき20円ずつかかる場合がほとんどです。よく長電話をしたり、家の固定電話を設置していないなど通話をたくさんする人は、月々の料金が高くなることもあります。
また、インターネットの通信速度が低下してしまうことや、従来から持っていたdocomoやezwebなどの大手キャリアのメールアドレスが使えなくなったりするのも格安SIMデメリットです。

格安SIMを検討中です

現在は大手キャリアのスマートフォンを契約中です。通信速度も悪くないし、電波が悪くてつながらないという不便さはないのですが、どうしてもパケット代金が高く感じてしまいます。毎月のことなので、年単位でみると明らかに格安SIMの方がリーズナブルでお得に感じます。初めて格安SIMのことを知ったのはインターネットです。キャリアに比べてとても安くて興味を持ちました。電話番号はどうなるのか心配でしたが、電話番号はそのままに出来るプランもあるようです。パケット代が大幅に安くなるのでいいなと思うのですが、通信速度などはどうなのか調べています。格安SIMを使っている友人は何の問題もないと言っていました。
ただ、残念なのはキャリアメールが使えないことです。キャリアメールのほうが普及率が高いですし、いろいろな面で安心しているので、キャリアメールが使えないと不便ではないのか疑問です。
通話品質は問題ないようなので、格安SIMに変更したいのですが、メールの問題だけが気がかりでまだ踏み出せずにいます。
これからキャリアのパケットプランも変わってくるのかもしれませんが、今のところは格安SIMが人気だというのもよく理解できます。

トーンモバイル格安だけど安いだけじゃない!

今話題のトーンモバイル(格安SIM)もちろん売りはその安さだと思います。
しかし安いだけじゃ今の世の中物は売れません。その辺はもちろんメーカーさんも
わかっておられます。ならばトーンモバイルの売りは何でしょう??ご紹介していきます。
まずトーンモバイルのすごい所は通信制限がありません。勿論LTE使い放題にしなければいけませんがそれでも破格のサービスだと思いますあの制限の掛かったときのショックがなくなるなんてうれしい限りです。
そして不安な方もいるかもしれない通信はちゃんとつながるか??という不安もご安心。こちらもDOCOMO回線を使ってるので安定の回線状況でご利用できます。
トーンモバイル(格安SIM)の一番の売りは通信料の安さではないでしょうか??

その値段は大手の約3/1!!

格安のスマホでご利用できるので大手キャリアの値段と比べると3/1の料金で使用することが出来ます。携帯料金を抑えたいという人にはかなり最適ですね。

しかも驚きの話がありましてDOCOMOで6500円以上払っている人はなんと

トーンモバイルに変えたほうがお得なんです!

トーンモバイルはDOCOMOの回線を借りているのですがトーンモバイルにしたら4980円で

使えてしまいます。月に1000円以上も節約出来ちゃいますね。

しかも高速通信LTEが使い放題です。

トーンモバイルのお得感がすごいですね。